第2回学術総会の当日の「ランチョンセミナー」開催ご案内


セミナー概要はあらためてホームページ上でご案内します。

開催月日 2013年12月15日(日)
開催時間 12時00分~13時00分
開催場所 学術総会会場
参加費用 無料(昼食は主催者側でご用意します)
受付人数 先着100名
     *当日学術総会受付の際に受講の整理券をお渡します。

第2回学術総会長ごあいさつ


第2回社団法人日本マイクロ・ナノバブル学会学術総会
日本発!マイクロ・ナノバブル ≽ パラダイムシフトの実現に向けて

ごあいさつ
第2回学術総会 学会長 長島孝行

 この度、関係各位の協力によって、日本マイクロ・ナノバブル学会は第2回の学術総会を開催することになりました。前身はナノバブル研究会として8年開催し、昨年1月には学会として更なる飛躍を目指すこととなり、11月には第1回の学術総会を盛大に開催することができました。
 本学会の大きな特徴は、日本発のマイクロ・ナノバブルの学会であることだけでなく、医学分野、工学分野、農学分野に分かれ、それぞれの分野で研究、応用がされつつも緻密な連携によりダイナミックな科学技術を展開するという本来あるべき科学技術の姿をとっていることです。
 マイクロ・ナノバブルによって手術や治療、食品の洗浄や保存、更には宇宙までと、その応用への可能性には限りないものがみえています。同時に本質を探るべく基礎的な研究も極めて重要なテーマです。マイクロ・ナノバブルを初めて聞く方もいるかもしれませんが、今我々はその神秘のとびらを開こうとしているのです。
 是非この機会にマイクロ・ナノバブル研究の現状を知って頂き、科学のパラダイムシフトに向けて取り組んでいる様々な分野の研究者の発表を実際に目で見て、聴いて頂ければ幸いです。
心より皆さまの参加をお待ちしております。

2013年10月1日

nagashima
長 島 孝 行
ながしま たかゆき
ニューシルクロードプロジェクト代表
東京農業大学農学部 教授
INSECT TECHNOLOGY
日本マイクロ・ナノバブル学会理事

http://www.nodai.ac.jp/agri/original/kinoukaihatu/

第2回日本マイクロ・ナノバブル学会 学術総会 演題募集


※演題の募集は終了致しました。
多数のご応募ありがとうございました。

演題募集
次の要領で演題を募集いたします。多くの演題のお申込みをお待ちしております。

□シンポジウム □一般演題
各々、募集する演題のカテゴリーは/医学/農水学/工学/その他

*演題募集に応募登録して頂いた中から、第2回学術総会準備委員会(当学会理事で構成)の査読を行い選抜させていただきます。
又、シンポジウムの演題には一部指定演者が含まれます。

発表方法
発表形式は口頭により行います。
・プロジェクター1台、演壇上にPC1台(Win7/MS Office2013)を用意しています。
・発表資料はパワーポイントで作成してください(作成方法は任意)

登録方法
ホームページからのオンラインによる申し込み登録となります(抄録添付)
抄録添付の上、演題登録フォームにてご登録ください。
※抄録作成方法について追ってHP上で公開します。

応募期間
募集開始 2013年10月14日(月)正午
募集終了 2013年11月15日(金)正午

演題採否
演題の採否については11月25日以降にメールにてご連絡をいたします。
尚、演題採否につきましては本学会理事会にご一任願います。

応募資格
マイクロバブル・ナノバブルに関するものであれば、会員・非会員を問いません。

抄録作成説明(PDF)

抄録テンプレート(DOCX)

抄録テンプレート(PDF)

一般演題・シンポジウム演題募集期間延長のお知らせ


※演題の募集は終了致しました。
多数のご応募ありがとうございました。

第2回一般社団法人日本マイクロ・ナノバブル学会学術総会

拝啓 晩秋の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
2013年12月15日(日)明治大学駿河台キャンパスにて開催いたします、第2回一般社団法人日本マイクロ・ナノバブル学会学術総会を有意義なものとするため、鋭意準備を進めているところであります。
さて、現在本学会のウェブサイト上にて演題を募集しておりますが、演題応募の締切り日を7日間延長し、11月22日(金)とさせていただきました。
是非とも、より多くの演題をご応募いただきたくお願い申し上げます。
参加される皆様方にとって実り多い学術総会となりますよう努力して参る所存ですので、何卒ご高配を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
末筆ながら、皆様のますますのご健勝とご発展を祈念申し上げます。
敬具

演題募集期間:2013年10月14日(月)より11月22日(金)「23日午前0時」まで
※演題募集の詳細につきましては、本学会ウェブサイト上の演題登録をご参照ください。
学術総会ウェブサイト http://mnbsc.jp/meeting
以上

第2回一般社団法人日本マイクロ・ナノバブル学会学術総会
大会長 長島 孝行

抄録作成説明(PDF)

抄録テンプレート(DOCX)

抄録テンプレート(PDF)